医師の資金調達!お役立ちガイド

トップ > 医師の資金調達についての豆知識 > 資金調達ができる医師免許取得者が増えている

資金調達ができる医師免許取得者が増えている

最近は、医師免許取得者として独立開業する人も多くなってきました。
独立開業するには、当たり前ですがお金が必要となってきます。
そのために必要なお金を手に入れるために、資金調達をするのであれば、医師免許取得者にお金を貸してくれる金融機関をうまくピックアップし、その上で話を進めることが大きなポイントと言えるはずです。
もちろん代表的なのは銀行ですが、医師免許取得者のように社会的に活躍していて、地位が確立しているような人なら、問題なくお金を貸してもらうことができるでしょう。
ただ、医師免許取得者としてのキャリアがあまりないような人は、そこまで大きなお金を借りられないこともあるので注意が必要です。
まずは銀行で面接を受けて相談に乗ってもらいながら、どのくらいのお金を貸してもらうことができるのかを調べるのが大前提となります。


固定金利で事業ローン等といった形でお金を借りることもできたりしますが、どちらにしても素人判断で銀行を選ぶのはナンセンスだと言えるでしょう。
とにかく素人判断だけは避けて、経験者の話に最低でも耳を傾けつつ、銀行等を利用することが重要となってきます。
選んだことがある人の体験談が1番の大きな参考材料となるので、身の回りの同業者などにも声をかけて、オススメの金融機関を教えてもらったほうが利口です。
銀行に関して詳しい同業者が身の回りにいない場合は、コンサル業者を挟むようにしましょう。
医師免許取得者の資金調達を手伝ってきた百戦錬磨のコンサル業者であれば、安心して任せることができます。
その際にも素人判断を避けて、実際にコンサルをお願いした同業者たちの体験談を確認するのが無難です。


例えば、コンサル業者の情報に関して、インターネット上に目を向けて調べてみると良いでしょう。
ネット上からであれば、医師免許取得者に対して資金調達のコンサルを行う業者の情報が、口コミ情報サイトなどですぐに見つけられます。
個人のブログなどからでも情報を入手することができますし、ソーシャルネットワークサービスでも見つけることができるはずです。
頻繁にそういったところで名前が見かけられる有名なコンサル業者を見つけたら、ホームページをチェックしておくと良いでしょう。
ホームページでは、どのような特徴を持っている業者なのかを伺い知るきっかけがたくさんあります。
特に今まで行ってきた資金調達のコンサルの事例を調べれば、企画提案力が優れている業者かどうかを、確認することもできるはずです。

次の記事へ