医師の資金調達!お役立ちガイド

トップ > 医師の資金調達についての豆知識 > わりとすぐに医師免許取得者は資金調達できる

わりとすぐに医師免許取得者は資金調達できる

他の職業に比べても、医師免許取得者は社会的な地位がしっかりとしているので、いろいろなところでお金を借りることができると言えるでしょう。
実際に資金調達をするのであれば、様々なところからお金を借りることができるため、非常に便利だといえます。
これから自分自身のクリニックを持つ予定でいる医師免許取得者は、まずはどこからお金を借りるのが最もお得なのかを検討し、調べてから実践するようにしておきたいところです。
選ばれ続けている金融機関がどこにあるのかを見極めるためにも、経験者の話を頼りにピックアップしてみると良いでしょう。
身の回りの同業者などにも声をかけつつ、どこから資金調達をするべきなのかを教えてもらうと、話もスムーズに進むようになります。
素人判断だけは避けておきたいところです。


もし身の回りで、借り入れ先を教えてもらえるような同業者がいないのであれば、インターネット上から口コミ情報サイトを頼りに調べるのが得策です。
医師免許取得者個人のブログやホームページにも目を向けて、独立するときにどこの借入先を利用している傾向にあるのかを確かめるだけでも、かなり結果が変わってくるでしょう。
基本的に、借り入れに関してのシミュレーションは、個人でできるものではないので、借入先の相談窓口で相談に乗ってもらいながら検討するのが1番です。
自分自身が今独立しようとしていることを伝えて、どれくらいの金額を必要としているのかを伝えれば、こちら側の状況に合わせた、的確なシミュレーション、そして返済プランをしてもらうことができます。
まずはそこで結論を出してから考えても遅くないでしょう。


一般的な消費者金融からお金を借りるまでもなく、医師免許取得者なら銀行の隙もゆるいので、割と様々な銀行からお金を借りることができるでしょう。
長年医師免許取得者として活躍してきた人ならなおのこと、様々な銀行から事業ローンといった形でお金を借りることができます。
当然ながら医師免許取得者であることを伝えて、最初の審査をクリアするのが大きなポイントです。
やはり普通のサラリーマンに比べても優遇されていますし、それなりのお金を借りることができるでしょう。
銀行により、もちろん返済の際に上乗せになる金利手数料が変わってくるので注意です。
極力、金利手数料がリーズナブルで、返済に負担があまりかからないような銀行を上手に選ぶことが大きなポイントとなります。
固定金利だからといって油断せず、金利が何%なのかを1番最初にチェックしておきましょう。

次の記事へ